home>海で出会う
葉山しおさい博物館


葉山しおさい博物館が気になってしょうがない。
相模湾で見られる海の生物を展示のほか、昭和天皇の御下賜標本室や、博物館で発行している三浦半島で見られる打ち上げ物や生物のガイドブックもあるという。行きたい。こりゃ行かねば。
というわけで、ひとっぱしり行ってみた。
(この後長文が続くが、なにしろ館内は写真撮影禁止で一枚も撮れなかったので、文章で表現してみようかと…。読むのが大変かもしれませんが、しばらくお付き合いくだされ)

入館するとおもむろに「寿司種の貝」という展示が。
しかもちゃんとサザエやアワビの貝殻の中に食品サンプルの刺身が入っている。美味しそう…。つかみはOKか?
順路に従い地下1階へ降りる。
「カニ籠漁のしくみ」と題されたたたみ3畳分ほどの展示スペースには、うすぼんやりとした(海底だからね)照明の中、真っ赤なカニが籠にかかっている。その籠の周りに一回り大きなカニが2〜3匹、心配そう(?)に中を覗いている。「つかまったカニのお父さんお母さんかなぁ…」などとカニ父母に同情してみたり。
その隣には本物の魚が泳ぐ水槽が。ハオコゼ・メジナ・ニザダイ・キュウセンという魚たちがノンビリと泳いでいる。

1階からの吹き抜けになったスペースには、昔使われていた漁業グッズがあり、木製の生簀などに混じって、私の大好きなガラスの浮き玉が!しかも大小とりまぜ7個も!1個くれ!
ああ浮き玉…と後ろ髪をひかれつつ、鮫やら巨大な魚やらの標本を眺めつつ歩く。
三浦半島ではタイマイやアカウミガメ、アオウミガメ、オサガメの死体が打ちあがることもあり、アカウミガメのみが神奈川の海岸で産卵するそうだ。海を目指してパタパタと必死に歩くウミガメの赤ちゃんが見られるかもしれないってこと?うわー見てみたい。ウミガメさんに迷惑がかからない範囲で。

壁にずらっと飾られた海藻標本を眺める。我が家で楯に入れて飾っている海藻の名前が何なのか知りたくて端から探して行ったけど、同じものは残念ながらなかった。図書館で調べるか…。でも私が海藻おしばにした数種のうちの一つと同種と思われる海藻を見つけることが出来た。その名はオキツノリ。全体的に赤く、先っぽだけ白っぽくなっている、可愛い海藻。
新たな展示ケースに目をやると、うわ、オキナエビスがどどーんと鎮座ましましているじゃないか!こんなの拾ってみたいもんだよまったく。

海綿コーナーのトゲトサカは赤くて可愛いし、ザラカイメンは本当にスポンジみたい。
でも私が拾ったトゲトサカは、乾燥させたら茶ばんで縮んで、可愛いという言葉からはひどくかけ離れてしまった。
やはりアルコール漬けにするしかないのかしらん。はぁ。

お、ついに来ました、棘皮動物コーナー。
うちにもいくつかあるバフンウニのほか、丸っこくて可愛いコシダカウニ、キタサンショウウニ、ハリサンショウウニ、アカウニ、ムラサキウニ、そしてオーストンフクロウニ。フクロウニ類の殻は革袋状をしていて、5対の放射状筋肉が殻を内側から支えている。この筋が収縮したり弛緩したりして殻が平べったくなったり球状になったりするのだ。これはフクロウニ類だけの特徴。私も一度フクロウニらしきものを拾ったけど本当に革袋みたいで、砂浜に落とすと「ばふっ」という感触だった。
そしてネズミブンブク、オオブンブク。ふっ、私が持っているオオブンブクのほうが大きいもんね、と一人で威張ってみる。
もちろんタコノマクラもカシパンも。しかもカシパンは5つの孔が開いたスカシカシパン。三浦半島でもカシパンは採取することができるようだ。よし、頑張れ私。いつか拾ってやる。待ってろカシパンよ。
ヒトデ類もアカヒトデに始まり、マヒトデ、モミジガイ、ゴカイヒトデ、ニチリンヒトデ、ヤツデヒトデとずらり。アカヒトデなんて乾燥標本なんだろうにちゃんと真っ赤な色のまま。どうしたらこういう標本を作れるでしょ?ふつうに乾燥させたら茶白になってしまうのに…何か塗っているのかしらん。いつか聞いてみたい。

そして菊の御紋の昭和天皇の御下賜標本室へ。
昭和天皇の為のドレッヂ船(ドレッヂとは船から籠を海中に下げてザックリと貝などを採取すること、もしくはその籠のことを言います)まであったそうだ。しかも2艘も。
室内には各種ホルマリン漬けがずらり。ヒドロ類や貝類に混じって、昭和35年7月25日に採取されたタコノマクラや、なんと昭和4年のイイジマフクロウニがあった。私よりずっとずっと年上のタコノマクラ。私の父よりも年上のイイジマフクロウニ。彼らが生きていたころは、今よりもずっとずっと綺麗な海だったんだろう。イイジマフクロウニなんてホルマリンに漬かったまま戦争も通り過ぎてきたんだ。本当だったら今頃彼らはとっくに海に還っている筈なのに、長い長い時を越えて今ここにいる。

御下賜標本室を出ると、隣は貝やカニの展示室。
ナガニシやヤツシロガイなどのビーチコーミングでおなじみの貝に混じって、ルリガイやアオイガイ、タコブネがあった。これらもこのあたりで拾えるんだ、と急にやる気が出てくる
今までよく海に上がっていて「何だろう?」と気になっていた紫っぽいビラビラしたものは、アカニシの卵のうということが判明。一つお利口になったぞ。
他の生物に寄生する貝(アカヒトデヤドリニナ等)の展示や、貝の破片から何の貝かを考える展示もあった。特に後者の展示には、2cmくらいのバフンウニやタコノマクラの破片、ヨツアナカシパンの破片が。さらには1cmほどの小さなハスノハカシパンが10個もあった。最小のものは5mmくらい。ほ、欲しい…ガラスケースの前から離れられなくなった。

それでも無理やり離れて、順路に従い1階へ上がる。
大正時代の貝の展示発見。無造作にザックリと展示ケースの中に盛られている。
大正浪漫…大正時代も貝は貝だったのね(当たり前だ)。
手繰船(てぐりぶね)の模型があったけど、何故か乗船している船乗りたちが、多分ガチャガチャの景品であろう「キャプテン翼」の面々のフィギュアであった。翼くん…何故…サッカーで鍛えた運動神経を生かし、頑張って船を操ってくれたまえ。君たちのチームワークなら、きっと大丈夫だ。
92年8月25日に打ちあがったという330個のルリガイは、コンパクトな展示ながら壮観だった。330個ですよ、330個。何故私はまだ一つも拾ったことがないのか。探し方が悪いのか。
相模湾レッドデータコーナーでは、「相模湾では1974年以降、ハマグリの採集例がない」「バイは有機スズ化合物によりメスがオス化し消滅」というショッキングな展示も。私が良く行く東京湾側の海はバイが落ちているが、そういえば古いちょっと磨り減ったバイばかりで、新しめのバイを拾ったことはない。ハマグリは美味しくて大好きだし、バイの見た目も好きなのに、なんでこんなことになってしまうのだろう。

悲しい思いを抱きながら順路を進むと、人口漂着物のコーナーにひょっこりと入れ歯が展示されていて一瞬「ぷっ」と思うが、すぐ「笑っている場合じゃないかも」と思い直す。入れ歯の他にもたくさんのおもちゃやペットボトル、釣具やメガネや電球やライター、携帯電話なんて分厚い旧型からやや薄型になりもっと薄型になり…とダウンサイジング化がここにも現れていたりする。プラスチック製品の原材料に使われているレジンペレットは、海の生き物が飲み込んでしまい環境問題になっている。私が嬉々として集めているシーグラスも展示されていて、何だか複雑な気分になる。

最後は相模湾に打ち上げられた貝などのコーナー。
ヒトデやタコノマクラの隣に、なんと藤壺の生えたガラスの浮き玉があった。
相模湾でも浮き玉を拾えることがあるのか!またもやる気がでる。
そしてかねてから欲しかった博物館発行の「潮騒ガイドブック」を物色し、
「三浦半島 海岸の打ち上げ物(1) −タカラガイ編」
「三浦半島 海岸の打ち上げ物(1) −海洋生物編」
「三浦半島 磯の生物」
「三浦半島 干潟・砂浜の生物」
「三浦半島 海岸の漂着物 −ビーチコーミングガイド」
の5冊を購入した。1冊500円也。
とくに「三浦半島 海岸の打ち上げ物(1) −タカラガイ編」は、綺麗な標本外の写真だけでなく、打ち上げられて磨耗したものの写真が載っていて、しかも かなりぼろぼろのもの→ちょっとぼろぼろのもの→少しぼろぼろ→割とまし→結構まし→かなりまし→完全体 というように磨耗の度合い順に写真がならべてあるので、拾ったタカラガイの同定に非常に役立ちそう。

このあと何故か私と夫は、博物館で開かれていた「相模貝類研究談話会」の会合に紛れ込んで出席してしまった。 軽い気持ちだったが、内容はかなり本格的で、私のような下っ端&へなちょこビーチコマーには敷居が高すぎた…。
なんか、もう、趣味でやっているらしい方もいたけど、本格的というか、もう趣味を越えたようなレベルの方々が多数いらして…いやはやほんとに。あ、でも、あくまでも私のレベルが低すぎただけで、本当に貝が好きで、貝類のことを語り合いたい方にはとても良さそうな会だと思う。私ももうちょっと意識を高めよう、という気持ちになったし。